第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権 Bブロック 1回戦

6月15日(金)

3年ぶりの出場となった四国選手権大会(3年前はAブロック準優勝。Bブロック出場は4年ぶり)。優勝しても上の大会につながることがない大会であるが、公式戦の経験、勝利のために準備や段取りすること、などたくさん得るものがある。GW以降、中間考査・修学旅行・四国代表練習会・セブンズ県予選・県総体(10人制)とチーム作りが分断してしまうこの時期、、、四国大会への調整はとても難しい。

三島 19-17 高知中央
(前半 7-7)
(後半 12-10)

初戦の相手は、昨年の四国大会の王者「土佐塾高校」に1トライ差で敗れてBブロックに出場となった高知中央高校。昨年からトンガ人留学生の破壊力を武器に四国内での強豪校になってきている相手である。身体の小さな三島は、1:低いタックル・ダブルタックルの精度、2:ボールの動くスピード、3:アタックの継続を勝利のテーマに挑みました。

60分間、低いタックルを継続することができましたが、後半25分にトンガ人留学生に3本目の逆転トライを取られて14-17。しかし、ここから三島の勝利への執念が・・・。まず、トライ後のコンバージョンへ猛プレッシャー(その前にもプレッシャーを与えて外させる)し、チャージ。3点差で残り4分を迎えました。そして、敵陣深くで得たラインアウト、得意のモールを組むも途中でノックオン・・・万事休すかと思いきや、ラストワンプレーのスクラムで猛プッシュでターンオーバー。そのボールを継続し、最後は、SO定岡がゴールラインに飛び込み、逆転トライ。

レビューすると、試合の内容は、非常に悪く、唯一低いタックルと、そして勝利への執念のみがGOOD。しかし、勝利して反省できるわけですから、決勝に向けて、BADを修正し、六年ぶりのBブロック優勝を成し遂げよう!

第72回 愛媛県高等学校総合体育大会 10人制

6月2日~4日

第72回愛媛県高等学校総合体育大会が久万高原ラグビー場で開催されました。今大会の目標は二つ、一つは新一年生に試合経験を積ませること。そして、もう一つは四国大会へ向けて練習を行っている速いボールの動かし・縦へのボールの動かしでトライをとる。この二つをテーマに、県総体に臨みました。

<予選Bリーグ>
三島 46‐0 松山城南
三島 7—17 松山聖陵
三島 46‐5 東予    Bリーグ 2位通過

<決勝トーナメント>
準々決勝 三島 28‐10 北条
準決勝  三島 12‐14 新田 ベスト4

今年度すべての大会で優勝を遂げている新田に、あと一歩まで迫れました。残す大会は、11月から始まる花園予選のみとなりました。いよいよ、ここからが勝負のときです。必ずや、追いついてみせます。

第5回全国高校セブンズ大会(アシックスカップ) 愛媛県予選

5月27日(日)

久万高原ラグビー場にて、第5回全国セブンズの愛媛県予選が行われました。過去は、セブンズの練習はほとんど行わずに大会に臨んでいたのですが、今年はリーダー陣と相談し、ぜひ、しっかりと練習を行い全国大会出場を目標に大会に臨もうと、1週間みっちりとセブンズの練習を行いました。

<過去の戦績>
第1回 アシックスカップ予選 1回戦敗退(vs野村)
第2回 アシックスカップ予選 準優勝(vs松山聖陵)
第3回 アシックスカップ予選 ベスト4(vs松山聖陵)
第4回 アシックスカップ予選 ベスト4(vs松山聖陵)

<第5回の結果> *第2シードのため二回戦から出場
2回戦 三島 40‐0 南予合同(野村・八幡浜・吉田)
準決勝 三島 29‐7 北条
決勝  三島 12‐38 新田

残念ながら、二度目の準優勝に終わってしまいました。まだまだ、新田の個々の能力に勝るだけのセブンズトレーニングができませんでした。指導力不足です。また、来年、セブンズの勉強を行い、臨みたいと思います。

では、切り替えて3年ぶりに出場する四国大会(Bブロックには4年ぶりの出場)に向けて、トレーニングを行います!

第21回架橋記念ラグビーカーニバル

平成30年5月5日(土)
会場:徳島市球技場

GW徳島遠征最終日は、第21回架橋記念ラグビーカーニバル出場しました。
1試合目:徳島県立つるぎ高校
2試合目:福山合同チーム
3試合目:徳島県立城東高校
以上のチームと対戦しました。
どの試合も良いプレーが見られましたし、また新たな課題も見えた良い試合でした。

2018年GW徳島遠征

平成30年5月3日
会場:徳島県立城北高校グランド、徳島県立科学技術高校第2グランド

参加校:徳島県立城北高校、徳島県立科学技術高校、大阪早稲田摂陵高校
愛媛県立松山工業高校、愛媛県立三島高校

平成30年5月3日。
保護者に送迎の協力をお願いして徳島へ遠征です。
先日の東予総体で初めて試合を経験した未経験の新入部員は、この遠征でも胸を借りて良い試合を経験出来ています。
遠征の一部をご紹介致します。

愛媛県東予地区総体~(1年生練習試合)

平成30年4月30日(振替休日)
会場:スカイフィールド富郷

三島高校VS東予高校

愛媛県東予地区総体の前に、未経験者を対象にした練習試合が行われました。
途中指導を入れ、先輩からの声援を背に、今年も初々しいラガーマンが誕生した試合でした。

第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 愛媛予選 決勝

平成30年4月28日(土)

決勝戦
三島高校VS新田高校(第一シード)
14-38(前半0-12)

ノーシードで臨んだ四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会・愛媛県予選。
初戦・第二シード松山聖稜を撃破し、準決勝では第三シード北条にリベンジを果たし、決勝では第一シード古豪・新田との頂上決戦。
惜しくも敗れはしたものの、愛媛の頂が見えた予選だった。

新入部員

新入部員 15名 , マネージャー 3名(1名は写真にうつっていません)
女子部員  3名 , マネージャー 1名

ラグビーファミリーが22名増えました!
ようこそ!ラグビーの世界へ!
本当にラグビーに出会えてよかったと思える3年間を保証しよう!

最高のスポーツを楽しもう!

第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 愛媛県予選 準決勝

4月22日(日)

準決勝
三島 vs 北条(第三シード)
29 - 12(前半 15-0)

昨年の4月四国選手権予選1回戦で3点差敗退、11月花園予選2回戦でラストワンプレーで逆転され3点差敗退、そして今年の1月新人大会1回戦で3点差敗退。15人制の大会、3大会連続3点差で北条に惜敗してきた。今までの悔しさをはらすために、選手はウォームアップから気持ちの入った準備、そして最高のメンタリティでキックオフを迎えることができました。そして、後半10分までに22‐0と会心の試合展開でした。しかし、、、ここから流れが北条に。2トライを取られて、最終スコアは29-12となりました。リベンジは成功しましたが、、、まだまだ、圧倒する力強さがなく、弱いことを痛感した残り20分でした。もっともっと努力し、ハードワークし、絶対に負けない強さを身に付けていきたいと思います。

とはいえ、3年ぶりの四国大会出場を決めました!16名の選手諸君そして2名のマネージャー、四国大会出場、本当におめでとう!勝利しながらも課題を見つけることができるゲーム、これほど幸せなことはない。さらに課題克服にチャレンジし、どんどん強くなろう!

ノーシードで臨んだ四国選手権 愛媛県予選。来週28日(土)が決勝 対新田高校。チャレンジャー精神で喰らいついていきます!応援よろしくお願いいたします。

地域の方々や女子部員など、たくさんの方々の応援、ありがとうございました!