三島クラブの歴史

愛媛ラグビーが今年80周年を迎えるため、記念誌を発刊するということで、所属チームの紹介文を各チームで作成しているのですが、三島クラブは自分が作成しています。

1,000字以上で、松山東高校とかの見本が結構すごいので同じくらいの内容のあるものを作ろうと思ったら結構大変です。

自分がクラブに入ったのは平成6年4月なのですが、昭和56年の創部から平成5年までのことはあまりわからないので記録をたどりながら、三島クラブの歴史についての文章をつくっています。

残業つづきなので作成時間は限られますが、作っていたら今まで知らなかった記録や歴史がわかって結構おもしろいです。

三島クラブの初公式戦の結果や創部間もないころのリーグ戦結果を見てると、恭二さんや和孝さん、長野さん、賢二さんたちって今はすっかりおじさんですが結構すごかったんだなと改めて思います。

詳しい記録をまとめて今度ブログで紹介します。  

しかし、愛媛選手権は自分が23歳のときに新田に勝って優勝したのが初優勝だと今までずっと思ってましたが、平成2年の恭二さんが現役のときにも1部で優勝してたのは意外というか改めてすごいなと思いました。  今日の理事会でそのことを言ったらみんな忘れてましたが・・・

三島クラブは来年創部30周年を迎えます。  記録を確認していても改めて歴史を感じます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です