四国中央市ラグビーフットボール協会とは

昭和56年4月、社会人クラブチーム「三島クラブ」創部、同時に伊予三島市ラグビーフットボール協会を設立。(平成16年度に四国中央市ラグビーフットボール協会へ改称)
当初の加盟団体は三島クラブと三島高校ラグビー部でしたが、平成6年宇摩ラグビースクール、平成11年三島西中学ラグビー部(現在は宇摩ラグビースクールジュニア)、平成15年タッチラグビークラブと加盟団体も増え、現在は幼児から大人までの一貫したシステムを形成しています。
また、平成6年度には伊予三島市制40周年行事として、神戸製鋼対明治大学という前年度の日本選手権決勝のカードを伊予三島運動公園において開催しています。その後も平成11年に神戸製鋼対全日本大学、平成13年にはスカイフィールド富郷完成記念事業として、神戸製鋼対カンタベリー大学の試合を実現させています。平成18年には三島高校ラグビー部が全国高校ラグビー大会に初出場、更に21年度、24年度と花園出場3度を数えます。
平成29年開催のえひめ国体では、ラグビー少年の部が四国中央市のスカイフィールド富郷で開催されることが内定しています。
また、平成18年度より総合型スポーツクラブ「UMAスポーツクラブ」としても活動しており、生涯スポーツとしてのラグビーを中心に、地域密着型のクラブを目指しています。

四国中央市ラグビーフットボール協会の構成

四国中央市ラグビーフットボール協会のあゆみ

Counter