第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 愛媛県予選 準決勝

4月22日(日)

準決勝
三島 vs 北条(第三シード)
29 - 12(前半 15-0)

昨年の4月四国選手権予選1回戦で3点差敗退、11月花園予選2回戦でラストワンプレーで逆転され3点差敗退、そして今年の1月新人大会1回戦で3点差敗退。15人制の大会、3大会連続3点差で北条に惜敗してきた。今までの悔しさをはらすために、選手はウォームアップから気持ちの入った準備、そして最高のメンタリティでキックオフを迎えることができました。そして、後半10分までに22‐0と会心の試合展開でした。しかし、、、ここから流れが北条に。2トライを取られて、最終スコアは29-12となりました。リベンジは成功しましたが、、、まだまだ、圧倒する力強さがなく、弱いことを痛感した残り20分でした。もっともっと努力し、ハードワークし、絶対に負けない強さを身に付けていきたいと思います。

とはいえ、3年ぶりの四国大会出場を決めました!16名の選手諸君そして2名のマネージャー、四国大会出場、本当におめでとう!勝利しながらも課題を見つけることができるゲーム、これほど幸せなことはない。さらに課題克服にチャレンジし、どんどん強くなろう!

ノーシードで臨んだ四国選手権 愛媛県予選。来週28日(土)が決勝 対新田高校。チャレンジャー精神で喰らいついていきます!応援よろしくお願いいたします。

地域の方々や女子部員など、たくさんの方々の応援、ありがとうございました!

第66回四国高等学校ラグビーフットボール選手権大会 愛媛県予選 準決勝” への1件のコメント

  1. 決勝進出。
    先ずはおめでとうございます。
    遠く福島からリベンジの報告を待っていました。
    次はよいよ新田戦ですが、東北から気合い入れて声援を送ります。
    頑張れ!三島高校ラグビー部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です