第5回関西クラブトーナメント

6月の四国大会で優勝して、四国地区代表として挑んだ関西クラブトーナメント1回戦。

中国地区代表の岡山クラブとの対戦でした。

この大会で優勝すれば、関西クラブトップリーグと入替戦を行い、昇格してそこで優勝すれば全国クラブ大会、日本選手権へとつながる大会です。

結果  三島クラブ 19-32 岡山クラブ (前半14-12、後半5-20)

①眞鍋 ②森 ③森田 ④友金嘉 ⑤石川剛 ⑥宇高 ⑦橋本 ⑧矢野 ⑨須川 ⑩前川 ⑪今村 ⑫近藤 ⑬中川 ⑭三好 ⑮伊藤 ⑯友金徹 ⑰石川遥 ⑱石川雅 ⑲西川  前半30分 橋本→石川遥、後半0分 森→石川雅、後半30分 石川剛→友金徹、後半39分 伊藤→西川

前半12分、キック処理のラックをターンオーバーされて、右に展開されて13番にトライされて0-5、29分にラインアウトモールでのペナルティから12番にトライで0-12。

ラインアウトも確立が悪く、スクラムをターンオーバーされてたのでちょっとまずいなと思いましたが、ここから矢野のサイドを中心に立て直しました。

前半36分、ペナルティから須川、矢野、嘉生とまわしてトライで7-12、前半39分には中川が宇宙観にトライ、琢真のゴールも決まって14-12と逆転して前半終了しました。

後半一気にいきたいところでしたが、12分にPGを決められて12-15となりましたが、後半16分にラインアウトのラックから嘉生がディフェンスの間をきれいに抜けて宇宙観にトライで再び19-15と逆転しましたが、その2分後、自陣ゴール前で須川からのパスが後に抜けたのを抑えられて19-22となりました。

一瞬の気の緩みというか、これでちょっと流れが変わってしまったかもしれません。

27分にラインアウトモールから展開されて10番がトライで19-29、最後にPGも決められ19-32でノーサイドとなりました。

三島の流れで、FWが前にどんどん出てるときはすごく良かったし、完全に勝てる試合だったと思うので、残念です。

岡山クラブは次に磐田クラブ(静岡)との対戦となりますが、恐らく僅差のゲームとなると思います。

昨日実際にやってみて、このレベルでもほとんど差はないなと思います。

ただ、岡山クラブはセットの練習をよくやってるなという印象で、うちももう少しセットプレーに安定感が出てくれば十分戦えると思います。

来年こそは岡山に勝って、準決勝に行きましょう!

次はリーグ戦です。 今のチームレベルなら目指すところは絶対優勝しかありません!

昨日自分は2分くらいだけ出たんですが、それでも首が痛いです。

夜は地元の夜太鼓で忙しい日でした。

忙しい中、サポートしていただいた宇田さん、伴野くん、大尾くん、真悟くん、ありがとうごいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です